ビジネスシューズはこれを履け!スニーカーのように歩きやすい革靴 asics runwalk

スニーカーのように歩きやすい革靴 asicswalking runwalk

今回はasicsの履いても疲れないと噂の革靴runwalkについてのレビューをしていきます!

まず簡単にランウォークについての説明から

ランウォークが生まれたきっかけは

発売当時、革靴は靴底まで革製が主流で、1日歩くと足がかなり疲れるものでした。そこでビジネスマンの足の負担を軽減する、ラバーソール(ゴム底)の靴を開発したことが、ランウォークが生まれるきっかけとなりました。

中略

国民の健康増進を狙いとして、現在スポーツ庁が「スニーカー通勤」を推奨していますが、スーツ姿の品格を上げるのはやはり革靴。ランウォークはスニーカーにも負けないほど軽やかに歩ける靴です。

引用元:ランウォーク開発秘話

こちらを読んでいただいただけでもお分かりのようにランウォークは歩きやすさにこだわった革靴です。歩きやすさにこだわった靴なんて割とありきたりじゃんと思われるかもしれないですが、私がこの靴を選んだのにはそれなりの理由があります。私がこの靴に魅了されたその理由について紹介していこうと思います。

さあではなぜ私がこの商品をお勧めしたいかということなのですが、最初に私の革靴に対する考えを話していきたいと思います。人によっていいと感じるものは異なってくるのでまず最初に私の考えを書いておきます。

スポンサードサーチ

革靴選びでの優先事項

革靴選びの優先順位

→歩きやすさ>見た目>>>>値段

私はこの順番で革靴を選んでいます。まあ革靴に限らずに靴全般に言えますが。
この優先順位になる理由から説明していきたいと思います

まずは歩きやすさ
これは最優先です。なぜなら靴本来の役割は足を守るということだからです。

脚を支えるための靴なのに履いていて疲れてしまったら元も子もないですよね。
どんなにいい革靴を購入したからといって、歩いている中で痛みを感じながら我慢して履くのは靴本来の役割を担えていないと感じますし、健康にもよくないですね。なので靴本来の役割である歩きやすさは靴選択において最優先事項になります。

次に見た目です。
機能性は大事ですが、やはり見た目も外せないところ。機能だけを求めるならスニーカーとか歩きやすいものをはけばいいですからね。かっこいいだけでなく、機能性も抜群であればもう言うことなしですね。逆に機能的なのに見た目が実用的ではない靴はかなりもったいないと思います。

最後に値段です。

価格に関してはある程度寛容的です。これは靴が自分にとって生活の中心になるものだからです。これは人によるとは思いますが私は基本的に平日は毎日革靴を履いています。外に出ている時間は殆ど靴を履いているわけです。また靴は体への歩きの負担を減らしてくれる上に、歩きづらいと歩くことすらおっくうになってしまうという健康にも影響してきます。そのため機能が十分に備わっているそして見た目も気に入っていればある程度の金額は出す価値があると思います。

今回紹介する靴が高いと思うか低いと思うかは人それぞれであるとは思いますが、高いと思う人はこれから紹介するrunwalkの魅力を見たうえで額面ではなく、コストパフォーマンスの点で考えてみてください。

asics runwalkの魅力

さあではここから本題のasics runwalkの魅力を紹介していきましょう。実際に店舗に足を運び店員さんからいろいろ聞いた内容や、実際に購入、使用して感じたこと魅力を最大限書き記していきたいと思います。

抜群の履き心地

runwalkの魅力は何よりも履き心地でしょう。私は試しにはいたときに感動しました。これは本当に革靴なのかというぐらいに履き心地がいいです。下手なスニーカーよりもはきやすいとすら思いました。店員さんに聞いたところかかと部分に特別なゲルを使用しており、足の前方部分にもクッション性に優れた素材を使用しているそうです。これが圧倒的な履き心地を生み出しているのだそうです。

他の会社の歩きやすいという革靴を試したことがありますが、それらは革靴にしては歩きやすいなというくらいの感じでした。しかしrunwalkは本当にスニーカーです。目隠しをされては貸されたら誰も革靴だとは思わないでしょう。

自分に最適の一足

runwalkの歩きやすさは製品本体の機能だけではなく、asics walkingのサービスにもあります。

asics walkingの店舗では足を測定してくれるんです。この測定は単純にサイズを出すのではなく、それぞれの足全体のフォルムやどこにどれくらい重心がかかっているのかという細部にわたって計測してくれるんです。そのため同じ26.5の靴でもその人に合った形の靴を紹介してもらえます。

こちらの計測については詳細として私が計測して分かったことを後日当サイトにて記事にしておきたいと思います。

このように一人一人に合った靴を紹介してもらえるので、単に靴が履きやすいというだけではなく、自分の足にとって最高の履き心地が得られるのです。この点がほかの歩きやすいといわれる革靴との大きな違いとなってくるのではないでしょうか。

見た目

そして見た目ですね。何よりもうれしいのはこのrunwalk 見た目が何よりもいいんです。機能にこだわったものってやっぱり見た目がもったいないことが多いんですよね。そのため魅力的な機能を備えていたとしても敬遠してしまうことがあると思います。しかーしこの革靴は見た目も十分立派でそこら辺の革靴を見た目では全く劣らないんです。細かい革にこだわりがある人は別かもしれませんが、牛革を使っていてとてもかっこいい仕上がりになっています。

少し前までは見た目が悪くて敬遠されていたようですが、アップデートで見事にビジネスで使うのに十分な革靴になったと思います。

比較対象

個の革靴を購入する

際に比較対象が気になると思います。私自身アシックス子会社であるアシックス商事のtexyluxeとどちらがいいか迷い、めちゃくちゃネットで検索情報を探していました。私自身はrunwalkを選んだのですが、家にたまたまtexyluxeもあったのでそちらと比較していきたいと思います。正直それ以外の革靴については現段階では歩きやすさの点で比較対象にならないと思うので今回は検討しません。もしほかの革靴も進化してくるようであれば、後々記事にしてみようと思います。

texyluxe

こちらはアシックス商事というアシックスの子会社の革靴になります。runwalkと同じように歩きやすさにこだわった革靴になっています。

大まかな違いは以下の感じです。

歩きやすさ:runwalkのほうが歩きやすいが差は少し
値段:圧倒的にtexyluxe

見た目:runwalk

という感じですかね。それではこれらについて簡単に説明していきましょう。

歩きやすさはrunwalkのほうが歩きやすいですが人によってはそこまで感じないと思います。ただし人によってはrunwalkのほうが圧倒的に歩きやすいとなる可能性はあると思います。というのもrunwalkはしっかりと足の形を計測してもらえるので自分の足に一番合った歩きやすい革靴を選ぶことができるんですね。もちろん自分がどのような靴があっているのかはっきりあっている方や、一般的な足の形かつ重心などのバランスもいいという自信がある方は自分に最適な靴を選ぶことができるのでrunwalkでもteyluxeでも大丈夫だと思います。

もし不安だったら無料で足の計測をしてもらえるので、一度asicswalkingの店舗を音連れてみるといいのではないでしょうか。

そして見た目ですね

見た目に関してはrunwalkのほうがいいですね。お金をかけている分いい革を使用しています。ただしこれについては写真ではあまりわかりにくいと思います。わたしも購入前にいろいろなブログを物色して検討していたんですが、実店舗で靴を見たら全然違うなって思いました。メインで使用する靴だったらrunwalkのほうが圧倒的にいいなと思いました。

私は営業で外回りをするわけではないのですが、やはりスーツ姿がびしっと決まっているとそれだけで周りの人から信頼されやすいと考えています。そのためお金をかけすぎはしないですが、最低限格好良く見えるようにこちらの靴を購入しました。これに関しての考えは人によると思うので、ご自分の状況に応じて判断するといいと思います。

最後に値段ですが、これは圧倒的にかつ唯一texyluxeが買っている点ですね。大体一側6000円くらいから売っています。runwalkは2万円半ばくらいの価格からありますね。そのため値段だけで考えればtexyluxeです。見た目はそんなに重要でなく、雨の日などにはける革靴が欲しいという程度でしたらこちらでもいいでしょう。

ただし安いという理由だけでこちらの革靴を選ぶのはちょっと待ってください。長期的に使うものを考えるときにはコストだけでなくパフォーマンスもしっかりと考慮しておかないといけません。結局パフォーマンスがよくなくてtexyluxeを買ったけどあとからrunwalkが欲しくなったら結局高くついてしまいますからね。

パフォーマンスについてですが、一番気になるのは耐用年数だと思います。こちらについてはしっかりとした情報が得られておりません。texyluxeとrunwalkの耐用年数はどれくらい異なるのか、ここがパフォーマンスでは大きいところだと思いますが、今後使用していく中で検証していきたいと思います。

ただ一つ言えるのはtexyluxeは修理に出すくらいなら新しいものを買ってしまった方が安いということですね。あとはそれらの総コストを考えたとききにどれくらいの金銭的な差が出るかだと思います。

総括

基本的に迷ったらrunwalkを買っておいた間違いないと思います。またほかのかっこいい革靴と迷っている方は革靴にどんなことを求めているのかを考えたうえで決定するといいと思います。もちろん私もかっこいい靴にひかれたことは何回もありますが、結局歩きやすさが一番だという風に判断しました。ただやはり一番大事なことは熟考したうえで一番気に入ったものを購入することだと思います。そうすれば買ってからの後悔がないですからね。

また今度アシックスでの足計測体験についてとrunwalkの細かい種類の紹介を書いていきたいと思いますのでそちらもお楽しみに!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です