メンズおすすめのトレンチコート紹介!【BLACK LABEL CRESTBRIDGE】

12月も近くなり寒さが本格的になってきましたね。冬は手袋なりマフラーなりコートなど何かと欲しくなってお金がかかりますよね〜。そんなわけで今年の冬の最初の大型出費としてトレンチコートを購入してしまいました。(笑)

なので今回は新しくブラックレーベルクレストブリッジで購入したトレンチコートを紹介していきたいと思います!

購入商品情報

商品名:ギャバジンWトレンチコート
サイズ:L
価格:85800円(税込み)

素材

コート 表地 本体 綿100% レザー部分 牛革 裏地

胴 ポリエステル 袖 キュプラ ライナー 表側 ポリエステル100% 中わた ポリエステル100% 裏側 ポリエステル100%

購入した理由

スポンサードサーチ

カッコよかった

そうかっこよかったんです。まず何よりもカッコよかったということがあげられます。高い買い物をするときはしっかりといろいろなお店で試着をしたうえで購入することを決めています。実際に今回のトレンチコートを購入する際にも何か所ものお店に伺いいろいろとトレンチコートを試してみました。その中でブラックレーベルのトレンチコートが圧倒的にかっこよかったんですよね。

何がかっこいいかというと襟のたち具合とか細かい装飾ですかね。優柔不断な私が着た瞬間にこれを買おう決めたほどに圧倒的でした。細かい装飾についてはこちらのトレンチコートは元来のモノから省略されているものもあるのですが、かっこいい部分だけはしっかり残しているのがなんとも言えず憎いですね。基本的にトレンチコートは第一次世界大戦の時に初めて着用された戦争用のモノなので、細かい装飾が結構ついていたりするんですよね。まあ今となってはそれらのほとんどが必要ないので、コストカットのためにいろいろと省いているところが多いんですが、今回購入したコートで省略されているのはDリングくらいだと思います。(ベルトについているリングで当時は手りゅう弾などをひっかけていたリング)

もちろんラインによっては細かい装飾がしっかりとついているトレンチコートもブラックレーベルでは取り扱っています。下にリンクを張っておきますが、こちらのコートも男心をくすぐるコートですが、今回は定番の黒のトレンチコートが欲しかったのでこちらは見送るうことにしました。

ディティールをよりこだわっているトレンチコート

中のちらみえがおしゃれ

ちらっと見える中がおしゃれなのが、またいい感じですよね。室内に入る時に脱いで中が見えたらまたおしゃれっていいですよね。この写真を見るとこのチェックダサくないって思う方もいるかもしれません。今見えている中身は冬用のライナーがついているので若干おばあちゃんが着ているちゃんちゃんこのようにも見えると思います。(実際私もそれが問題で購入するか初めは悩みました。)でもこれを外すと下のキュプラでできた裏の生地の感じがカッコいいと気が付きました。

ライナーの裏側はこうなっています。まあ知ら見えする部分は基本的にした部分なのでちゃんちゃんこに見える部分はそこまで露呈しないため冬でも気にしなくていいと思います。もちろん冬用のこのライナーは取り外しが可能になっているため秋とか春先でもこのコートを着用することができます。

バーバリー由来のトレンチコート

トレンチコートの王様といえばやはりバーバリーでしょう。諸説ありますが第一次世界大戦の時にバーバリーがトレンチコートを発明したといわれています。ファッションにそこまで関心がなくてもトレンチコートと聞けばバーバリーの名前が出てくるのではないでしょうか。そんなバーバリーと提携を結んでいたのが三陽商会でした。現在はその関係は解消してしまったのですが、三陽商会はバーバリーに認められた実力があることがこのことからわかると思います。

またブラックレーベルも昔はバーバリーブラックレーベルという名前でバーバリーよりも求めやすい値段で商品を販売していたラインになります。現在はブラックレーベルクレストブリッジという名前に代わりましたが、三陽商会が手掛けていることに変わりはありません。ということでバーバリーの商品を作っていたことで培われたトレンチコートの技術力がブラックレーベルの商品にも宿っているんですよね。このような経緯もあり、ブラックレーベルでもトレンチコートの質には誇りを持っているようです。

ということで私もその実力と質を見てブラックレーベルのトレンチコートを選ぶことにしました。さすがにバーバリーで購入すると30万近くかかるので手を出すことはできないですね。

着用感

とにかくどんな格好でもトレンチコート一枚でカッコよくお染まってくれます。

防寒性については見た目の割にあるなといった感じ。風を通さないため寒く感じないってのが結構大きいと思います。私は普段自転車で駅まで通っているため冬場は風が冷たくてつらかったのですが、このトレンチコートの防風性がいい感じです。本体そのものが温かいかというとまあ普通のコートって感じですが、風を感じなくなるのは結構いいと思います。

後ブラックレーベルのトレンチコートを試着した時に感じたのが裏地がすごくいい。服を着ていても裏地がいいってことがすぐにわかりました。袖にキュプラが使われているということもあり、すんなり着ることができるんです。他のお店で試着した時には少し切る時に詰まる感じがしていたのですが、ここのトレンチコートはほんとにすぽって感じできることができました。

このつやの感じもいい生地を丁寧に縫製しているからこそなんですね。改めて襟の感じとかカッコよくないですか?

まとめ

バーバリークレストブリッジのトレンチコートの紹介記事いかがでしたでしょうか。値段は8万円を超えるためかなり出費としては大きいですが、それだけいいものだということが伝わったでしょうか?10年以上付き合っていくコートとして皆さんも一度検討してみることをお勧めします。ただ試着するとどんどんほしくなってしまうので注意しましょうね(笑)

まだまだ細かい点は紹介しきれていないですが、あまり細かいことについて話していっても終わらなくなってしまうためもし細かい点が気になるという方がいらっしゃったらtwitterやコメントで教えてください!

このトレンチコートの商品ページはこちら↓

ブラックレーベルオンラインショップ

この記事を読んだ方は以下の記事もお勧め!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です