高級時計デビュー vol1.目標としての超高級時計

男のロマンである超高級時計を買おうという企画を今回から進めていこうと思います!

私自身が初めて超高級時計を購入しようとするので、情報的に拙い部分はあるかと思いますが、同じように超高級時計にデビューを果たそうとしている方の参考にと思い私の考えや経験を是非共有したいと思います。

ことの始まり

コロナ禍で出勤する機会が滅多になくなり、スーツ、革靴、コートといったアイテムにお金をかける必要が一切なくなってしまった私。パラサイトシングルであることをいいことに、ことあるごとに自分好みのアイテムを買っていたのですが、テレワークをきっかけにスーツも靴もつかわくなり、お金を貯める目標を失っていました。

あるとき友人と食事をしてそのことを話すと、「時計買ったらいいんじゃない?」というアドバイスがあったんです。

確かに超高級な時計はすぐに購入できるような金額でもなく、所有欲を満たしてくれるし、自分に自信をつけてくれる(虎の意を借りてるだけ、、)、そして極め付けはただ高い金額を消費するのではなく資産価値も落ちにくい。

確かにこれなら自身の仕事、貯金の目標として適していると思ってロレックスやらオーデマピゲなど調べたら、どんどん欲しくなってくるんですね。というわけで仕事を頑張って超高級時計を買ってしまおう!と私の中で何かが動き始めました。

目標としての高級時計

先ほどもちらっと出てきましたが、高級時計は目標とするのにとてもいいアイテムなんですよね。詳しく知ると時計に何十、何百万もかけるのがあほらしいと思っている人も時計が欲しくなるかもしれません。

すぐに購入できない金額であること

まず最初に高級時計が目標として適切だと考える理由が、すぐに購入できないということ。オメガ、ロレックス、オーデマピゲなどの時計は100万、200万は出さないと購入することができません。もちろん収入にもよると思いますが、これくらいの金額をポンと出せる人はそうそういないでしょう。

となるとやっぱり何ヶ月も我慢を重ねて購入資金を貯めることになります。飲み会やスーツ代が浮いたとしてもそうそう簡単には買えないと思います。

だからこそ目標としてちょうどいいのかなと思っています。

所有欲を満たしてくれる

多くの女性の憧れとしてエルメスのバーキンがあるように、男にとって永遠の憧れは高級時計ではないでしょうか。

スーツ姿に、高級時計を身につける姿は一度は想像したことがあるかと思います。時計というのはそれだけでステータスになるアイテムですし、普段のスタイルをより一段と格上げしてくれるアイテムになります。

このように多くの男にとっての憧れの存在であるからこそ、自分が手に入れた時の嬉しさは想像もできないものですし、時間を確認するたびにうっとりさせてくれるものではないかと思います。

資産価値がある

最後に一番大きいと思っているのが、資産価値が高くまた損なわれにくいと言うことです。よく高級時計の金額で車が買えてしまうと言われますが、車は使えばいつかは価値がなくなってしまいます。一方で高級時計はメンテナンスをすることにより一生と言っても過言でないほどの長い期間利用することができます。また古い時計でもビンテージとして中古でも購入時から値段がそこまで下がらない、または上がっているアイテムもあるほどです。

私の叔父が持っているロレックスも若い時に購入したそうですが、今では流通価格は購入時の倍以上になっているといっています。そう考えると高い買い物という捉え方だけでなく、現物資産を保有するという考え方もできます。

100万円が消費されてなくなってしまうのではなく、時計という形に変わって残り続ける。そうなると単純な百万円の買い物よりも気軽に購入できる気がします。と自分に言い聞かせています

もちろん車が必要な方は車を買ったほうが役に立つのでいいと思います(笑)

現在の時計紹介

ちなみに現在私が利用している時計は主に2つあります。

Apple Watch

私がここ数年頻繁に利用していたのは、Apple Watchです。理由は単純でスイカの定期券を登録したらもう他の時計が利用できなくなってしまったから。

時計好きの方は特に注意したほうがいいです。ビジネス面で特に活用していなくても、スイカがあるというだけでapple watch以外の選択肢がなくなります。(笑)

ウォッチバンドを購入すれば、シーンに応じて適切な時計にすることができるのもポイントが高いところだと思います。ブランドや価格に縛られない平和な時計だと思います。

最近はテレワークになったおかげで、定期を保有しなくなると同時に電車に乗る機会も減ったのでジムに行く時など運動するときの着用がメインとなっています。

Grand Seiko

次に私が一番気に入っている時計です。グランドセイコーといえばやっぱり堅実でかっこいいというイメージではないでしょうか。

身につけていていやらしく見えないけれど、上品に見えるブランドということでかなり気に入っています。特にビジネスなど、綺麗目な服装の時、気合を入れていくときはこちらの時計をつけるようにしています。

グランドセイコーもそこそこいいお値段がするのですが、今回の企画ではさらに上の価格帯を狙っていくという趣旨になります。そんなに高すぎるお金はかけられないという場合はグランドセイコーがオススメしたいです。

というよりグランドセイコーのスプリングドライブが欲しい、、、

目標とする時計のイメージ

今後私の記事を参考にする方もいるかもしれないので、先に私の購入を検討する時計のイメージをお伝えしておきます。

価格帯は大体70万〜150万の間からで、ラグジュアリースポーツタイプの時計が気になっています。

理由としては現在愛用しているグランドセイコーの価格帯が2,30万なので、そこよりも数ランク上の価格帯から選びたいという理由。価格帯的にも頑張る必要がある価格が目標としてちょうどいいかなというのもあります。

あとはグランドセイコーが割と落ち着いているビジネスで利用しやすいタイプの時計なので、次の時計はラグスポで休日に使いやすいものがいいかなと思っています。よりドレスな時計を購入してもほとんど利用する機会がなさそうですし。

というところまでは決まっています。具体的にどこのブランドの時計がいいかを次回からみていきます!