IELTS模擬試験一回目

IELTSの勉強をしようと思ってから1か月が経過してしまいましたが、ようやく模擬試験を実施することができました。それまで単語の勉強を実施していたものの、本来であれば一月前に取得すべきIT資格に苦戦をしてしまいそちらを優先して進めていました。

初めてのIELTS模擬試験ということで、挑戦して感じたことを整理しておきます。

スポンサードサーチ

模擬試験の結果

最初の模擬試験の結果は以下の点数でした

  • リスニング    20/40
  • リーディング   24/40

IELTSの得点換算をすると以下の点数となります。

  • リスニング  5.5
  • リーディング 6.0

ライティングとスピーキングは自分で採点することができないので今回はスキップです。

正答率はあまり高くないですが、思ったよりも得点はあるような気がします。

ちなみに問題は時間を計測して実施しましたが時間通りで打ち切ってしまうと、時間がなくて点数が出せないのか、実力がなくて点数が取れないのか把握できず勉強すべき点が判別できないので一通り解ききるまで実施をしています。

IELTS全体で最低でも6.5は取得する必要があるので、リスニングとリーディングは7.5は取れるようになっておきたいですね。

IELTS模擬試験の感想

今回が初めて模擬試験ですがIELTS形式の問題を解いたことになるので、難易度感を記載しておきたいと思います。

実際のレベル感に近いのは公式問題集ですので、今回の問題がどれくらい本番に近いかはわかりませんが、、

リスニング

リスニングに関してはTOEICよりも解きやすいように感じましたね。選択肢から選ぶというよりも、該当するものを書く必要があるのでその点は大変ですが、記述する量が多いわけではなく単語やフレーズを書くだけなのでそこまで難しくないように感じました。スペルミスには気を付けないといけませんが、

問題は4つのセクションがあり、セクションごとに同じテーマの内容になっているので問題ごとにテーマが変わってしまうTOEICよりも個人的にはやりやすかったです。

ただ初回ということでリスニングの問題対象範囲がどこからどこまでかわからずに、かなりの問題数を落としてしまいましたね。これは慣れの問題なのでしっかりと本番形式の問題を繰り返し練習することで対策可能です。

リーディング

リーディングは長文が3つありそれを解いていくことになります。これもTOEICのように短い文章をたくさん読むというよりは、大学受験のときのような長文がいくつもある試験に似ていました。

問題が長文のみで構成されているということもあり、カギとなる単語を知らなかったり、文章を読み取れないとかなり壊滅的になると感じました。実際に最後の長文はトピックの単語がわからず全体をあまり理解できていないまま問題を解くことになってしまいました。

内容一致問題がでは、選択肢がYES,NO,NOT GIVENという3つ用意されています。このNOT GIVENが難しい。文章で触れられていないというのはなかなか難しいですよね。書いてあればYES,反対のことならNOですが、書いていないので自信を持って判断をすることができません。慣れの問題もあると思いますが、いくつか間違えてしまったのでしっかりと解けるようにしておきたいです。大学受験の時に苦しめられた思い出がよみがえりますね(笑)。

長文の内容は「シットイン運動」や「催眠状態」についてなどのテーマになっていました。こういったテーマの違いもTOEICではなく、大学受験に近い問題だと感じる要因でした。

課題

今回は目標とする点数にはるかに届かなかったわけなので、しっかりと対策を進めていかなければいけないです。

課題に感じた点は以下の二つです

  • 語彙力
  • 問題形式への慣れ

まずは語彙力ですね。リーディングをするときに特に語彙力の不足を感じました。現在進めている単語の範囲が目標点でいうと6.0までなので実力通りの語彙力ということにはなりますが、もっと進めていくことで読解に単語で苦労しない程度には覚えておかないとだめですね。

次に問題形式への慣れです。リスニングで問題の範囲がわからず何を聞いているのかわからないとなってしまったり、あとからそれに気づいて問題を読むというようなことがあったのでまずは形式になれることが必須でしょう。

また回答の形式にもなれる必要があると感じました。選択肢なら問題ないのですが記述式ですのでどこからどこまで記述する必要があるのかという感覚がわかりませんでした。(今回は実力を把握するということで多少の記述方法のずれは正解として判断しています)厳密に採点をしていれば今回の点数は半分ほどに落ち込んでいると思います。

当面の目標

こちらの表を参考にすると、7.5点になる32~34問を正解できることを目指していきます。32点って聞くと意外と余裕に見えますが正答率で考えると8割あるのでなかなか難しいかもしれません。

ただ感触としてはしっかりと勉強をすればかなり点数を取れるように感じたので、とりあえず努力をしていきたいと思います!